i

avita.exblog.jp
ブログトップ

Tokyo Motor Show – 東京モーターショー

e0255396_14441198.jpge0255396_14442565.jpg











明日12月3日から一般公開が始まる東京モーターショーに伴い11月30日の夜、メルセデス・ベンツ コネクションにて「Daimler Tokyo Motor Show 2011 Opening Reception」が開催されました!この夜はメルセデス・ベンツ日本よりご招待いただき素敵なイベントに行ってきましたので皆さんにも紹介したいと思います。(写真上左マウンテンバイクが取り付けられた会場前のベンツ、右はプレゼントが積まれたオリジナルのそり)

会場は今年7月に18カ月の期間限定でオープンした六本木、東京ミッドタウン向かいにあるメルセデス・ベンツ・コネクションの2F UPSTAIRS。
2階建てのスペースのうち1階は朝の7時から空いているカフェスペースでインターネットの利用もできこの辺りにあるカフェよりも早く朝から美味しいコーヒーを楽しめます。
ベンツの色々な車や関連商品など展示されていますが雰囲気はショールームでもなくカフェでもなく名前の通り様々な人たちが“コネクト”できる場所です。

e0255396_14444456.jpge0255396_1444572.jpge0255396_14451460.jpge0255396_14452693.jpg






















イベント当日は美味しいお料理と見た目もかわいいスイーツに広尾からお寿司屋さんも駆けつけ会場で美味しいにぎりずしもいただきました。(写真左上より時計回りにベンツのマーク入りマカロンとウニののせられたポタージュ、ソフトクリーム型スイーツとフルーツタルト)

中でも一階と2階の吹き抜け部分に設置された総額5,000万円相当の豪華なクリスマスツリーにはダイヤモンドのネックレスなど他では見られないラグジュアリーな飾りにもメルセデス・ベンツらしさを感じました。
e0255396_14455330.jpg
e0255396_14463093.jpge0255396_14464072.jpg











2011年もカウントダウンが始まりました。12月は色々な事があっという間に過ぎてしまいますが落ち着いて年越しができるよう計画性を持って過ごしたいと思います!
[PR]
# by aifurukawa | 2011-12-02 15:04 | News

Steka & Mjol in Koenji – ステカ・アンド・モジョル 高円寺

シヴァナンダジャパンセンターがある高円寺には個性的なお店が沢山あります。
昔ながらの商店街の両脇に並ぶそのお店の中にとってもかわいらしいオーダークッキーと焼き菓子のお店を見つけました。夢の詰まったおもちゃ箱のような、おもわず「かわい~」と言ってしまうステカ・アンド・モジョルは高円寺南にあります。
blog:http://ameblo.jp/steka-mjol
e0255396_23375155.jpg


スコーン、マフィン、べイクド・ドーナッツ等は毎日焼きたてを買えます。バターたっぷりのリッチな味のスコーンは全15種類。ブラウンシュガーの優しい甘さのマフィンはストロベリーやナッツなど具だくさん!べイクド・ドーナッツは油で揚げずにオーブンで焼き上げてますが、最近はやっているようなパサパサとしたものでなく手作りならではのほくほく感があります。(この日は夕方行ったので、マフィンは全部売り切れで、スコーンが数個残っていただけでした・・・残念!)

e0255396_23393817.jpge0255396_23382169.jpg















でもなんといっても、とっても可愛くデコレーションされた店内と所狭しと並べられたオリジナルのクッキーた
ち!様々なメッセージを書き込んで暖かさとかわいらしさがいっぱいです。クリスマスのものやお祝いの物等数えきらないくらいです!(写真では見にくいですが、クリスマスのリースやメッセージ等全てクッキーです!)

e0255396_23384577.jpge0255396_23385813.jpg















コンピューターや様々な情報に埋もれ、人とのつながりが薄れてきた世の中でこのように夢があって、人の気持ちを明るく、暖かくしてくれるお店に感動しました。

e0255396_23391274.jpge0255396_2339257.jpg
[PR]
# by aifurukawa | 2011-11-28 00:07 | Eat

JAMU – The ancient Indonesian art of herbal healing

e0255396_14201945.jpg
前回ヨガの記事を書いた際Jamu(ジャムーと発音)の紹介をしたところ今度是非紹介してもらいたいという声が上がったので、体調管理が大切なこの時期に是非皆さんに紹介したいと思います!

ここではインドネシアジャムーをお話しますが、簡単に説明すると内面・外面の健康を全体的に整えるために生まれたハーブまたは薬草を使った製品です。近年では飲み物にとどまらず軟膏、タブレット等形状はさまざまです。

歴史的に見てハーブや薬草を使い心身ともに整えることはずいぶんと昔から行われていたことはもちろんですが,インドネシアという場所柄、中国・印度・アラブ等の影響を受け徐々に進化していったようです。特にSurakartaやYogyakarta(Yogaのような名前!)といったジャワ島の地域で、基礎的なものが生まれたといわれています。



私がインドネシア・バリ島に行った際に買ってきたいくつかの物ですが、症状により何種類ものハーブをパウダー状にして個別にパックしてあります。体調が悪くて風邪をひきそうだな・・・と思った時に飲むとあっという間に治ってしまいます!
e0255396_1418186.jpg

ジャムーを作っている会社はいくつかありますが有名なものではNyonya Meneerが挙げられます。飲み方は簡単で、はちみつ(これを入れないと飲めないほどマズイ・・・)を混ぜお湯と割ります。どろっとした若干ざらつく質感です。最初は飲むのに勇気がいります。
症状といっても風邪や頭痛から若さを保つための物、より美しくなりたい女性の物、もちろん男性オンリーといった物まで数十種類以上です。写真にもありますがなぜかパッケージが面白い物が多いので選ぶ際はそれを見ているだけでも時間がかかります。

ジャムーに関する英語の書物はありますが全体的に見て一般にはあまり広がっていないようです。私が気に入っているものでこちらSusan – Jane Beersさんの書いたJAMUは歴史から現代の市場まで詳しく書かれていています。Asian secrets of health, beauty, and relaxationはジャムーに関わらず広い範囲で美と健康について書かれていて写真も奇麗です。
日本での展開も可能性があるものか、皆さんはジャムー試してみたいと思いますか?

e0255396_14181813.jpge0255396_14183120.jpg
[PR]
# by aifurukawa | 2011-11-23 14:34 | Beauty

Torimikura Chaya Aoyama  鶏味座茶屋 青山

e0255396_11293385.jpge0255396_11295484.jpg








                                
表参道駅から徒歩2分、意外にも今まで来た事がなかった通りにいきなり現れる日本料理居酒屋。 
http://www.wid.co.jp/tenpo/torimikura-chaya-aoyama/

日本に帰国してから自分では気づかないうちに、日本人よりも外国人が多く集まる場所に好んで行っている気がして周りの帰国組にも話したところ皆同じで、もしかしたら以前からそうだったのかもしれないが、最近はそうしている自分を意識しているせいか余計にそう思う事が多い気がします。

この鶏味座茶屋に訪れた日も店の半分は外国人で、日本の古い一軒家をイメージした建物とメニューは外国人そして日本人も暖かく迎えてくれます。

e0255396_11305221.jpg
e0255396_1672283.jpg2階建ての店内は一階がカウンターとテーブル、2階は数卓の囲炉裏テーブルのみで、間接照明と囲炉裏、日本家屋で日本人としては自然と落ち着いてきます。信州黄金シャモ水炊き鍋を囲み、気のおける友人達としばし雑談。







囲炉裏は竪穴式住居の跡にも見られるほど古い歴史を持ちますが、一方日本での鍋文化は意外にも200年程と歴史が浅く、江戸時代末期になり鍋料理として確立したようです。
江戸の「鍋物の流行」と農村の「囲炉裏での食習慣」が日本ならではの食文化を生んだそうですが、寒い冬に友人と、家族と、和気あいあいと過ごす事は日本人でいて本当にありがたかったな~と思える瞬間です。

みなさんのお勧めのお鍋、レストランも是非コメントしてくださいね。
[PR]
# by aifurukawa | 2011-11-18 00:00 | Eat

Momo Mitsuno – Love at first sight in London

e0255396_13102595.jpg

        source from Harvey Nichols http://www.harveynichols.com/london

私が渡英して間もないころ学校が休みの週末だけ、ロンドンのナイツブリッジにあるおしゃれなデパート、Harvey Nichols(地元での愛称はハービー・ニックス!)でパートタイムをしていました。 (世界中のセレブを見かけました!)地下2階~地上6階で、最上階にはあの”YO!SUSHI"http://www.yosushi.com/ も入る開放的な食品売り場があります。 このエリアはロンドンでも屈指の高級住宅街で、ナイツブリッジ沿いを3分も歩くとあのハロッズもあります。http://www.harrods.com

私はいつものように、アジアのどこかの人に見られがちで彼女と会った時もやはりそうでした。あるファッション店舗にて販売員として働いていたその日、彼女が服を探しているところを英語で接客しました。最後になりお互い“もしかして日本人?”ということになり、彼女は光野 桃です、と名乗りました。

e0255396_11394742.jpg


桃さんは当時中東のバーレーンに住み、私はロンドンでの生活を楽しみ始めた頃でした。
桃さんの短いロンドン滞在中にご家族との夕食にご招待いただき、今に至ってもあの時の不思議な出会いを大切にしています。桃さんが私を誰かに紹介する時には”ロンドンでナンパしてきたのよ~“と楽しそうに私との出会いを話します。

そんな桃さんは皆さんもご存じの通り、小池一子氏に師事し女性誌編集者を経てイタリアに渡った後文筆活動を始め作家、エッセイストとして活躍し1994年のデビュー作「おしゃれの視線」を始め、30以上の本を書かれています。現在発売中のミセス12月号で「ベトナム紀行」も掲載されています。
http://mitsuno-momo.jp/index.html

e0255396_11401531.jpg
e0255396_11402865.jpg




















今日、満月の11月11に新刊、「あなたは欠けた月ではない」が出版されます。
「実りの庭」や「森へ行く日」等もお勧めですが、全てに共通して彼女の言葉がすんなりと自分の中に入ってきて、言葉と私が一体化できることが魅力ではないでしょうか。
その他、言葉と五感のリサイタル、「桃の庭」等の活動もされています。

日本を一歩出ると最初はどれだけ世界は広いのだろう。と圧巻させられますが、海外で、日本人であったからこそ出会えた人とのご縁は現在の私にとても影響しています。

これからもそんな出会いに感謝し、そして新たな出会いを楽しみにしていきたいと思います。
[PR]
# by aifurukawa | 2011-11-11 12:00 | People